治療試験活動

[ よくある質問事項 ]

  1. 20歳未満でも参加できるのでしょうか?
    例外もありますが基本的に20歳以上でなければ参加出来ません。
  2. 本人以外の手続きで治験に参加することはできますか?
    ほとんどの治験で、本人以外の手続きによる治験参加はできないことになっています。 しかし、例外として、痴呆症を対象とする治験のように、ご本人の意思を直接確認することが難しい場合には、 ご本人以外の方の手続きでご参加いただけることもあります。この場合でも、親権のある方、配偶者や後見人などに限られます。
  3. 副作用の心配はありませんか?
    治験では、副作用の可能性をできるだけ少なくするとともに、それが起きても早期発見できるよう配慮されています。 具体的には、一般の治療よりも詳しい検査で身体の状態を調べ、現在服用されている薬との併用に問題がないかどうかなどを確認します。 また、ご本人だけでなくご家族の病歴なども詳しくうかがいます。 そして、検査や問診の結果によっては、安全確保ために治験参加をご遠慮いただく場合もあります。
  4. 現在、他の病気で治療を受けていますが、治験に参加できますか?
    病気の種類や症状によっては、安全性への配慮からご参加いただけないことがあります。 現在、他の病気で治療を受けられている方は、治験の担当医師に詳しい状況をお話しください。
  5. 治験に参加するための費用は?
    初診料と再診料はご負担いただくこともありますが、治験薬は製薬会社から提供され、治験薬を服用(他に注射など)中の検査費用も製薬会社が負担します。
  6. 治験に参加していて、途中で取り止めることはできますか?
    治験参加に同意いただくことは、「契約」ではありません。 ですから、理由にかかわりなく、 いつでも途中で取り止めるることができます。 治験では、終始一貫して参加いただく方の自由意思が尊重されています。
  7. 治験の案内情報で、病院の名称がでていないのはなぜですか?
    病院への直接の問い合わせが多くなると一般の診療に混乱を及ぼすことがありますので、案内情報の中では病院名の掲載のないことが多くなっています。
  8. 治験は何回でも参加出来ますか?
    治験参加後に次の治験までの休薬期間(3~4ヶ月間)があれば可能です。また、同時期に2つの治験は参加出来ませんのでご了承下さい。
戻る